名刺管理アプリを使用するメリット・デメリットとは

名刺管理アプリではどのようなメリットがあり、デメリットがあるかご存知ですか?導入する際にはメリットを最大限に活かせるよう自社のデータの量や活用したいシーンなどをよく検討して、社員みんなが使ってくれるアプリを選びたいですね。

名刺管理アプリを使用するメリットは、社内全体でデータの共有ができるようになるため、営業活動の効率化が図れます。人脈やすでにアプローチの最中だったりということを知れるので無駄を省くことができます。また名刺を常に携帯するストレスから解消され紛失や情報漏洩のリスクも回避できます。スマートフォンやタブレットでいつでもどこでも必要なデータを検索することができますし、常に最新の情報を得ることができます。大量の名刺をデータ化することに特に大きなデメリットはないように思えます。

あえてデメリットとしてあげるのであれば、そこまでのデータの処理が必要でないのに過度に高機能すぎて活用しきれず月額の利用料だけが嵩んでいくといった例です。またCRMと連携できるものを除いて詳細な情報まで紐づけることができない点です。

名刺管理アプリを導入する際にはシンプルでみんなが使いやすいものを取り入れることが一番重要なのではないでしょうか。

名刺印刷・名刺作成の【名刺21】

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>