上司に同行する時の名刺交換マナーの注意点

上司に同行する時の名刺交換マナーの注意点をご存知ですか?基本的に「上司が先に名刺交換を終えるまで待つ」と「相手の役職が高い順に交換していく」の二つを意識しておけば大失敗はありませんが、よりスムーズに行えるように上司が相手先と初対面かどうかや相手の役職なども事前に調べておきましょう。

上司に同行する時の名刺交換マナーの注意点は、まず「上司が先に名刺交換を終えるまで待つ」という事です。名刺交換全般における基本的なマナーとして「役職が上の者から順番に名刺交換する」というものがあります。また「目下の者から名刺交換を始める」のもマナーとされていますので、営業先や取引先にこちらから出向いた場合は自分達が目下となります。ですから上司に同行する形で先方に訪れて名刺交換をするならば、まず上司が先方に対して役職の高い順に名刺交換をしていきますので、あなたはそれが終わるのを待ってから自分の名刺を渡すのが一般的です。ただし上司と先方が初対面ではなく、既に何度もあっている場合には上司の名刺交換が行われない事もありますので、そうした場合は「上司に紹介してもらったタイミングで自己紹介をし、その後に役職の高い順に名刺を渡していく」という形になります。その際は相手の役職が分かるよう、事前に上司から説明をしてもらうなどの準備もしておくのが望ましいです。いずれにせよ「上司より先に名刺交換を始めたり、上司の名刺交換を途中で邪魔したりしてはならない」と覚えて気を付けておきましょう。

名刺印刷・名刺作成の【名刺21】

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>